市役所の保健師求人募集

市役所の保健師求人募集

市役所の保健師の仕事は、地域の保健活動が主になります。特定健診・がん検診・予防接種といった病気の予防、母子健康手帳の交付・乳幼児健康診査などの母子の健康管理、高齢者や障害者に関する相談など、仕事内容は多岐にわたり、多くの知識が求められます。

 

日本では、地方自治体の職員募集や採用は、各自治体が独自に行っています。ただし、東京都の特別区は、東京都が一括して募集や採用を行います。

 

採用試験の難易度は、国家公務員がもっとも高いのは言うまでもありませんが、都道府県や市区町村でも差があります。特に、東京都は難易度が高い傾向にあるようです。

 

市役所の求人は、全国の市役所ごとに募集・採用が行われるため、募集時期や採用試験の日程、試験内容などが市によって異なります。
このため、求人情報を把握するのが難しくなってしまいます。近隣の地区のみに広報を出すこともあり、募集情報を得るには、まめなチェックが欠かせません。

 

しかし、市役所ごとに募集の違いがあると、「すべり止め」の応募が可能になるという利点もあります。市役所の採用試験は難関ですから、複数の市役所に応募することで、チャンスを広げることができます。

 

市役所の求人は、基本的には年に1回の実施です。試験に失敗すると、貴重な1年を就職浪人することになってしまいます。臨時職員の募集もありますが、その数は多いとは言えません。

 

市役所での行政保健師をめざすなら、専門の求人情報サイトに登録することをおすすめします。
保健師養成機関に在学中でも登録することが可能なサイトもたくさんありますから、早いうちから登録し、求人情報をしっかりキャッチしましょう。

 

行政の求人は、こまめにチェックしておく必要があり、自分で複数の自治体に関してチェックするのは非常に労力が必要です。採用試験に向けての準備も必要ですから、情報収集にかける時間は短縮するに越したことはありません。

 

また、求人情報サイトに登録すると、職場を熟知した就職活動のプロがサポートしてくれます。希望する市役所の募集日程だけでなく、競争率、過去問や小論文の傾向など、採用試験データも教えてもらうことができます。学習面の試験対策だけでなく、面接や口頭試問での答え方、履歴書の書き方までアドバイスが受けられます。

 

ほとんどの求人情報サイトは無料で登録できます。難関の採用試験合格をめざすなら、こうした便利なツールを賢く活用していくと良いでしょう。

保健師募集サイト人気ランキング