保健所保健師の転職のポイント

保健所保健師の転職のポイント

保健師が働く職場にはいろいろところがありますが、保健所保健師に転職するためには、まずは保健師の資格を取得しているかどうかということが一番のポイントになります。

現在では、保健師になるためには必ず看護師の資格を持っていなくてはいけません。そのため看護師であればあとは必要な勉強をして、保健師の国家試験に合格すれば、保健師として働くことはできることになります。しかし保健師の資格を取得するためには最低でも保健師の勉強を1年間行って、さらに1年に1度しかない保健師の国家試験に合格しなければいけないため、その道は簡単ではないことも看護師から保健師に転職する大きなポイントになります。

もちろんもともと看護師として働いていた場合でも、保健師の資格をすでに取得していた人は、すぐにでも保健師として働くことができます。しかし、保健所保健師は都道府県や市町村などの行政機関での勤務になるので、基本的には公務員ということになるので、保健所保健師の正規職員採用試験にも合格しなければいません。そのため保健所保健師を目指す場合には、できれば最初から目標を決めておくことがおすすめになります。

正規職員として保健所保健師の求人探す場合は、各都道府県のホームページや広報誌を見てチェックすることもおすすめですが、しかし途中から保健所保健師になりたいという人も多いと思います。この場合におすすめとなるのは、臨時職員やアルバイトや派遣社員として保健所に転職する方法で、とりあえず保健所で働きながら経験を積んで正規職員の採用試験を目指すという方法もおすすめとなります。

いずれにしろ保健所保健師の求人は一般ではそれほど目にすることが少ないので、保健所保健師に転職を希望する場合は保健師の転職サイトを利用することがおすすめとなります。保健師の転職サイトでも常に保健所保健師の求人があるわけではありませんが、保健師の転職サイトであれば臨時採用などの保健所からの募集もあり、さらに一度転職サイトに登録して希望を伝えることで、保健所から募集が出た時には教えてもらえるようになります。転職サイトによっては抱えている案件もことなるので、募集の少ない保健所保健師の求人を探す時には複数の転職サイトを利用することもおすすめとなります。

保健所保健師の求人を探す時には、時間をかけるということも1つのポイントになり、そうすることで希望通りの職場に転職することができることになるでしょう。

保健師募集サイト人気ランキング