保健所保健師の給与相場

保健所保健師の給与相場

保健師が働く職場はいろいろあります。保健師を大きく分けると、産業保健師と学校保健師と行政保健師に分けられます。産業保健師は一般企業に勤務している保健師で、学校保健師は学校で生徒や教職員の健康管理や健康指導を行う仕事をしています。そして行政保健師とは、各都道府県や市町村などの職員として働く保健師のことで、各都道府県や市町村の保健センターや保健所に勤務する保健師は行政保健師ということになります。

保健師というのは、看護師の資格を持っている人が追加で取得することができる資格になり、そのため保健所保健師は、都道府県や市町村の職員として働く看護師の給与体系と同じようになるように決められています。もちろんそれぞれの地域によってもらえる給料は異なり、東京などの給料相場が高い地域の方が収入面では良くなります。

このように地域によっても給料相場は大きく異なりますが、保健所や保健センターで働く行政保健師の年収は350万円から400万円くらいが相場になります。この数字を同じ都道府県や市町村の職員として働いている看護師と比較すると、保健師よりも看護師の方が給料相場ではかなり高くなることが分かります。

保健師は看護師の資格と保健師の資格を両方持っているので、保健師の方が給料が高くなくてはいけないように思いますが、しかし看護師と保健師の仕事の大きな違いが、夜勤手当がないことが挙げられます。入院施設のある病院で普通に働く看護師は、都道府県や市町村の職員でなくても必ず夜勤をしなくてはいけなくて、必ず夜勤をすると基本手当にプラスして夜勤手当が付きます。夜勤手当だけで月に数万円の手当てが付くことになり、さらにこれに危険手当や休日手当も付くので、必然的に年収はかなり高くなり、保健所保健師と年収の差が大きく開くことになります。保健所保健師などの行政保健師の場合は、夜勤手当以外にも休日出勤もほとんどない規則正しい勤務体系になる場合がほとんどなので、大きな手当は期待することができません。

このように、給与面ではせっかくプラスで資格を持っているのに看護師には敵いませんが、保健所保健師の仕事は人気があります。その理由は看護師と比較して規則正しい仕事であることと、休日も取りやすいことと、さらに看護師のように命に関わる深刻な患者さんを診ることもないので、精神的なプレッシャーを感じなくてもいいことなど、非常に大きなメリットもたくさんあります。それに加えて幅広い住民に対しての健康管理や健康指導をすることという、非常にやりがいのある仕事でもあるので、保健所保健師になりたい人は現役看護師の中にもたくさんいると言われています。

保健師募集サイト人気ランキング