大学の保健師求人募集

大学の保健師求人募集

大学や専門学校で働く保健師を、学校保健師と呼びます。
小学校や中学校、高等学校の養護教諭とは取得するべき資格が少し異なります。

 

養護教諭は正規教員で、教員免許が必要です。一般的に、養護教諭になるには、学校などで所定の単位を修得します。

 

保健師が養護教諭になる場合には、文部科学省令で定める単位を取り、教育委員会へ申請すれば、養護教諭二種免許が与えられます。この二種免許と保健師の資格があれば、小中学校などの保健室で働くことができます。さらに、単位が取得出来る学校に通えば、一種免許を取得することも可能です。

 

養護教諭の場合、ケアする対象は幼児や学童、生徒となります。養護教諭が授業を受け持つことはありませんが、授業の内容によっては担任に協力することもあるようです。

 

一方、学校保健師の場合、ケアする対象は、大学や専門学校に通う学生、勤務する教員になります。学校保健師も授業を受け持つことはなく、健康管理や心のケアなどが仕事です。

 

人口の長寿化と高齢化が進み、介護や高齢者の健康維持などが保健師の大きな役割のひとつとされていますが、学校保健師は対象者が若者中心になるので、少し違う視点が必要になります。
対象者の健康管理が仕事であることに違いはありませんが、対象者が多感な時期でもありますし、学生の成長の段階ごとに、向き合い方を変えていかなければなりません。

 

学校保健師の募集は、とても少ないと言えます。大学の医務室など、学校保健師は看護師や保健師の転職先として人気のある職場ですから、求人情報を見つけるのは難しいのが現状です。

 

大学が独自に募集を出すので、情報のチェックも大変です。施設内に必ずひとりは必要ですから、新設の学校は狙い目かもしれません。

 

正職員になるのは難しくても、派遣や非常勤の求人なら求人サービスで募集を見つけることができます。保健師専門の転職支援サイトなら、わりと多くの求人情報が出ています。

 

ほとんどの転職支援サイトは無料で登録できますし、多くの学校の募集情報を一度に探すことができます。自分で個別に調べるより効率も良く、スタッフが自分にマッチする就職先を紹介してくれるサービスもあるので、とても便利です。チャンスの少ない求人ですから、情報を確実にキャッチできるよう、複数のサイトに登録するのも良いかもしれません。

 

転職支援サイトは募集情報の紹介だけでなく、履歴書の書き方や面接での応対なども指導してもらえます。こうしたサイトをうまく活用し、理想の職場を見つけましょう。

保健師募集サイト人気ランキング