保健師の求人募集

保健師の求人は無料エージェントを利用しよう!

保健師募集ナビ <転職成功のポイント>へのご訪問ありがとうございます。充実した転職を実現させるには下調べが不可欠です。今転職をお考えに方におすすめの保健師の求人サイトや、転職活動に役立つ情報をご紹介しています。

 

働きながらだとなかなか時間が作れなかったりと、ひとりでの就活は何かと大変です。そこでおすすめしたいのが無料で利用できる転職エージェント。中でも今最も人気が高いのがナースフルです。保健師の転職に特化したリクルートの運営するサービスなので、自分の要望をきめ細やかにサポートしてもらえます。登録も簡単なのも利用者の多い理由です。

保健師募集サイト人気ランキング

保健師の役割と、保健師専門転職エージェントの特徴

保健師の魅力は、社会に大きく貢献できることです。人々の健康を支援する仕事は充実感があり、やりがいを感じられるでしょう。

 

保健師が担う業務は多岐にわたります。活躍の場も多く、需要が伸びている職業です。
しかし、その専門性の高さから、一般の求人情報に募集が出回ることが少なく、需要があるにもかかわらず自分に合った就職先が見つからない、というケースもあるようです。

 

保健師資格を得るための在学中には、自治体の保健師や検診センターの求人が少し届くだけということもあるそうです。卒業と同時に仕事に就きたいと考える方がほとんどですが、求人情報が探せずに悩むこともあるようです。

 

保健師や看護師の求人が一般の求人情報誌に載ることは少なく、積極的に探しにいかなければなりません。個人で多くの情報を探し出すのは困難ですから、無料エージェントを利用するのが良いでしょう。

 

保健師の求人情報に特化した無料エージェントでは、一般の求人情報サイトとは違い、登録後に専任のコンサルタントが就職までをしっかりサポートしてくれます。保健師の求人情報を熟知した専任コンサルタントが、求職者の希望を丁寧に聞き、非公開の情報も含めた数多くの求人情報の中から、マッチするものを探してくれるのです。条件を細かく指定することもできますし、年収アップといった条件から探すこともできます。

 

コンサルタントは、希望の職場へ就職するためのアドバイスもしてくれます。
転職の方向性に迷っている方や、ステップアップをめざしたい方にも、無料エージェントは便利です。

 

無料エージェントは、求人広告の依頼主から紹介料をもらうことで運営しているので、求職者は無料で利用することができます。もしも求人の依頼主に紹介した人が短期でやめてしまった場合、無料エージェントは紹介料を返金しなければならないシステムになっているため、誇張した待遇での紹介はしません。就職してから思っていた職場と違うという理由で、すぐに辞められてしまっては困るからです。

 

無料エージェントは、求人側にとってもニーズに合う人材を得ることができますし、求職側にとっても満足できる就職先を見つけられるサービスを提供しています。これにより、求人側も求職側も、時間や労力を無駄にすることなく、スムーズな雇用関係が築けます。

 

自分が思い描く働き方ができれば、モチベーションも維持できますし、毎日が楽しくなります。自分の希望に合う職場と出会えるよう、無料エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

保健師求人探しのポイント

私たちの生活に密着している保健師求人探しのポイントですが、保健師にも大きく行政保健師・学校保健師・学校保健師の3種類に分類されます。このなかでも地域の保健師とも呼ばれ、私たちの生活にもっとも密着しているのが行政保健師です。行政保健師と聞けば何か堅苦しい言葉の響きがありますが、地元の保健所や保健センターなどで健康診断や健康相談をしてくれているのが行政保健師です。

 

最近では保健師になりたい方も増えていますが、保健師になるのは看護師国家試験と保健師国家試験に合格しなければなりません。看護師の国家試験だけでも大変なのに、保健師の国家資格も必要です。さらに人気が高い行政保健師になるには、公務員試験を受験して合格しないといけません。保健師になるための道のりはとても長く、いくつものハードルを超えないと保健師になれません。

 

保健師になるにはまず看護師国家試験に合格して、さらに6ヶ月以上の保健師養成課程を終了後に今度は保健師国家試験に合格しなければいけません。看護師の看護師の資格を取得して保健師学校に通う場合と、保健師と看護師の養成課程が統合カリキュラムになっている看護大学に入学する2つのコースが考えられます。近年では後者のケースが増えていて、卒業と同時に看護師と保健師の2つの国家試験受験資格が得られます。

 

保健師国家試験に合格した新卒の保健師の多くが、就職先に選ぶのが行政保健師です。現在保健師の有資格者は全国でおよそ4万人が働いていますが、その8割が行政保健師です。内訳としては各都道府県で働く行政保健師が約2割弱で、残りが市町村の行政保健師になっています。つまり保健師の多くが公務員して働いていることになり、残りの2割の保健師が、病院などの医療機関や企業などに就職しているわけです。

 

そこで今回は横浜市や神戸市など、主要都市を中心に行政保健師の求人探しのポイントを説明していきます。市町村にある保健所も実は都道府県の管轄ですが、政令都市や中核都市の指定を受けると、独自に保健所を設置することができます。そのため横浜市や神戸市などの政令都市の保健師の求人は、市のウェブサイトなどの職員採用などで探します。

 

行政保健師の募集は各市で、募集人員も試験日も同じではありません。さらに毎年必ずしも、保健師の募集を行っているわけではありません。そのため早めに保健師の募集があった場合は、募集要項を調べ試験に備えることが重要です。試験対策で注意する点は1次試験には一般教養試験と保健師の専門試験がありますが、公務員試験とも呼ばれる一般教養試験は点数次第では足切りの対象になります。

 

それと2次試験の面接試験も個別と集団面接とあるので、事前に質問事項など詳しい情報を収集することが採用に繋がります。また行政保健師のばあいは1度落ちても、何度でも受験することができます。しかし行政保健師の場合は年齢制限があるので、看護師から保健師になる方は年齢制限にも気を付けたほうがいいかもしれません。

 

保健師の転職サイトでは行政保健師の求人情報や注意点なども十分に把握しています。まずは保健師の転職サイトに登録してみては如何でしょうか。